〜講演概要〜
化学物質のライフステージ(製造、輸送、貯蔵、使用、廃棄)に存在する ヒトへの潜在的ハザードには、物理的な爆発、火災等に加えて、急性と慢性の 健康影響がある。 曝露濃度の時空間的変動と物質毎に異なる影響の標的組織や濃度‐反応関係の ため、影響のリスクや重大性の定量的評価には様々な数理モデルが用いられる。 これまでの評価経験に基づいて、これらの評価に有用な数理モデルを紹介する。