〜講演概要〜

 住友化学は、ラービクの石油精製と石油化学の統合コンプレックスにおいて、 エタン分解炉を増強しエチレンの年間製造能力を130万トンから160万トンに引き上げ、 併せて誘導品プラントを追加した。 このプロジェクトはプロジェクト・ファイナンス(PF)によって実施された。 この講演においてプロジェクトの概要、PFに基づく保安の要求事項、および現地の保安規制について概説する。