〜講演要旨〜
近年、地震や台風などの強風や洪水などの自然災害に起因して様々な被害が石油タンクなどの危険物施設で発生している。 火災や危険物の大量漏洩などの甚大な被害が発生することがある。 危険物施設は消防法令の技術基準に従って設置されるため、自然災害に対しても一定程度の耐力はあるが、 過去の地震や台風などでも多々被害が発生している。 自然災害に起因する危険物施設の事故事例を紹介するとともに、事故対策についても述べる。