〜講演要旨〜
WSSD2020年目標に向けて、グローバルな化学品管理の動きが加速している。 欧州型の法規制が世界的な広がりをみせるなか、欧州ではREACHが本年5月末に 登録期限を迎え、米国ではTSCAリフォームが進行し、日本では化審法改正が 行われた。また、近年ではマイクロプラスチック等の新たな課題が注目を集め ている。 本講演では、最近の法規制動向を解説するとともに、それに対する意見提出や、 技術課題検討などの日化協の取り組みについて紹介する。